2017.11.17

イヤイヤ飲む

みなさん、こんにちは。

今回動物看護師科2年生は『造影実習』を行いました。

『造影』ってわかりますか?
造影剤という薬剤を飲むか注射をしてレントゲンを撮る検査です。
(人間の世界では「バニラ」「メロン」「イチゴ」など
味が付いているモノもありますが基本美味しくないです・・・(>_<))

動物の世界でもお腹の中の検査をするために
バリウムを飲ませてレントゲンを撮ります。

 
液体のバリウムを注射器で吸って動物の口から直接飲ませます。

飲みたくないのでイヤイヤしちゃいます。

 
どのこもイヤイヤしてしまうので
動物を持つ学生はちゃんと保定しないといけません。

また、バリウムを飲ませる学生も上手に飲ませないと
誤嚥してしまうので、どちらも手技が大切です。
今回は中型犬・小型犬・猫と
体験できました。
 
「バリウム」を飲ませた後は
「レントゲン撮影」です。

造影剤はX線を通さないので、白く写るんです。

お腹の臓器が白く写ってますよね。
レントゲンも保定がちゃんとできないと
上手く撮影することができません。

動物病院では獣医師の補助をする動物看護師ですが
正確な検査を得るための保定(動物を動かないようにすることだよ)は
とても大切なので日々勉強をしています。