2017.3.1

インターンシップ実習は、1年間の学びの集約です!

皆さん、こんにちは!!

AC科、1年生のインターンシップ実習は順調に進んでいます。

1年間、待ち続けたプロの現場に立つ経験です。



1年前の自分は、この現場に立つことは出来ていましたか??


そう考えると、自身の成長が実感できます。
 
普通にペットショップで小動物管理が出来ています。
入学前には出来たでしょうか?

しかも、お客様と動物の飼育談義が出来て、楽しい!

お客様が、動物のことを質問してくることに、答えられる!!
 
また、学校では扱っていなかった商品も目にします。

この商品は学校のフードと何が違う?
成分は?値段は?メーカーは?

そんなことも考えてしまう、自分がいます。

 
動物園でも。
動物たちの餌準備も、ただ作業するだけではなく。

この野菜はなぜあげているの?大きさは決まっている?
与える時間は?どこで買うの?

ただ作業を行うだけではなく、
「なぜだろう」を聞くこと!!が実習の大事なところです。
掃除もそうです。

どうしてこの順番で行うの?
掃除道具の上手な使い方は?
どのぐらいの時間を掛けて、プロは作業する?

聞いて、行う!!

そして
「この作業は、これで大丈夫ですか?」
確認もしてもらうことです。
すると、自分の作業達成度が、解ります。

そして、「では、もっとうまく作業できる為には!?」
と工夫を翌日必死で行う楽しさが最高!!

いや、ほんとに楽しい!!
プロにどうやって認めてもらえるか、自分を試してください(^^)!!
入学当時には、子ザルの人工哺育に自分が関わるなんて、
想像もしなかったことですよね。

飼育の基本「観察」も意識して、動物と接している自分に気が付くはずです。
みんな真面目だから、顔が強張ることも有りますが、素直さが大切です。

実習をさせて頂けることに「感謝」して、1年間の成長を全力で出し切るのです!

すると、次の課題が見えます。
周辺の掃除。
毎日来るお客様の為、動物の為、心を込めて!
でも、素早く!!
なんと、こんな雪の中でも、実習生として頑張ってましたよ!!
乳牛の管理を通して、畜産学の学びを実践!!
カミツキガメとワニガメの違いって、勉強したした!!
乗馬クラブで、馬の手入れも教わった!
毎日のブラッシングや裏掘り、どこでも行う大事な作業!
馬の血行を良くして、健康管理!!
まだ、実際にはスタッフに全然及ばないかもしれない。
でも、肩を並べるまでに成長したい!
この牧場で、将来活躍したい!!

なれるのか?と不安を感じるのではなく、
不安を克服して「どうやってなる!?」がプロに近づく原動力です。


そんな気持ちが持てたらいいな♪

春季インターンシップ実習も、終盤です。
自分の可能性を信じ、挑戦を2年次にもしていきましょう。

成長の階段は、まだまだ上がありますよ。

《 山口 》