2015.11.26

1年生 園館視察研修⑫ 野生動物は身近にいる!

皆さん、こんにちは!
本日は木曜日、1年生の園館視察研修。
今週は、バードピア浜北、静岡県立森林公園で自然観察です!
雨が上がって良かった♪
紅葉もきれいでした!次郎柿♪
公園なんて、飼育員になるのに関係ないしー(T_T)
なんて思ったそこのあなたは素人です(笑)。

野生動物は、飼育の原点です。

そして、こんな身近に野生動物なんているの!?
と思ったそこのあなた。もっと世界をよく見よう!
意外と身近に、野生動物は存在しています。

本日は森林公園内で、こんな動物たちの痕跡を発見してますよ!

まずは、なんだこのドロドロ。耕された跡は!?
これはイノシシ!
ブルトーザーのように、鼻で地面を掘ってご飯を食べた跡です。
爪痕も見られました。
うんち発見!
これはノウサギ!
そんなのいるんだ!!
うんちは食性を調べる大切な情報源!宝物です。

鳥の巣箱の穴が、ぼろぼろになってるけど、なぜ?
ムササビ?アオゲラ?が、穴に入りたくて大きく広げた跡です。
こういう動物の残した痕跡を

「フィールドサイン」と言ったりします。

 

水面には鳥が…。
カモ!公園にはカワセミやフクロウもいるそうです。
沢山の野鳥の声が聞こえてきましたよ!!

カエル!
ムササビのいた森
植物の話もいっぱい!
どんぐりだけでも、5種類近くのお話がありました。
シイ、カシ、コナラ、・・・区別がつきますか?

今日1日、たくさんの動物・植物ガイドをしていただいたのは、
普段はバードピア浜北で自然観察員をされている澤井先生です!
凄い知識量でしたね。

さすが自然ガイドのプロフェッショナルです!!
引き出しがいっぱい!!尊敬し、あこがれちゃいます!

持っている道具にも注目してね。自分達と何が違う?

また、観察力も素晴らしいです。
眼がいいので、すぐ何でも見つけます。
野生動物探索には観察力と想像力が大切!

飼育員さんと一緒なんです。
動物の生態を熟知していないと、

動物がいることにも気がつかないんですからね。

今日は【ただの公園】のイメージが、
がらりと変わったならば大成功♪
プロ目線が身に付いてきましたね。

もっともっと、眼を、そして感性を養おう。

動物園や水族館は、実は「野生の切り取り」なんです。
普段野生では気が付かれない動物を
どう魅力的に展示するかで、お客様に気が付いてもらうのです。
すると、「可愛い!」から興味を持って、
更にはこの自然を大切にしなければ!とも考えてもらえます。
そして、展示動物を健康に飼う為に、
野生の環境を実際に見て感じて想像して、
生息環境を展示場に再現すれば動物も幸せ!
そんな、人にも動物にも優しい動物園作りを
目指せる飼育員さんになりたいですよね!
野生の世界にも、興味を持って行きましょう。

また来週も澤井先生、よろしくお願いします!
《山口》